格付け認証パターン

データプレミアム格付け認証

相対評価認証
ユーザーメリットないし社会的メリットに係る性能・品質等の指標(科学的エビデンス)を適格なサンプリングのもとで商品サービスを比較No1認証を行う

No. 1 認証
同価格帯の全同種製品においてある評価基準での分析評価によりNo.1 の性能であると認められた製品・サービスの認証

トップランナー認証
実質的に全製品での比較が困難である場合同価格帯の同種製品の適切なサンプリング検証を基に、ある基準での分析評価において平均値をはるかに上回る場合に 、トップランナー性能の証しとして認証するもの

絶対評価認証
ユーザーメリットないし社会的メリットに係る性能・品質等に有意義と認めれる基準を設け基準をクリアする商品サービスを認証(超プレミアム認証)

JQ( JAPAN Quality) 認証
日本製・海外製品を問わず、日本基準の「健康」「環境」「省エネ」「機能性」「利便性」など分野別に評価基準を満たしたものに与える認証。

プレミアムスタンダード認証
日本製・海外製を問わず、ユーザーにアピールすべき製品・サービスの特性・優位性を財団指定機関が分析。科学的エビデンスを根拠に財団が認証。

格付け認証のフロー

データプレミアム格付け認証の申請(応募規定及び申請フォーム)

企画審査委員会において評価基準・調査手順などの審査(審査規定による)

採用・不採用の決定

第三者機関への調査・分析委託(調査分析規定による)

企画・審査委員会での調査・分析結果の審査及び認定可否の決定

当該商品・サービスへのデータプレミアム認定(認証規定Ⅰによる)

格付け認定結果の公表 認定証の授与等(認証規定Ⅱによる)

格付け認証申請書類一式

お問い合わせ

PAGE TOP